尿漏れパットの男性用・女性用【正しい選び方】

尿漏れがひどくなると尿漏れパットを使う人は多いです。
尿漏れパットは生理用ナプキンよりサラサラの水分を吸収する素材でできており、現在では臭い対策もしっかりしています。

 

また尿漏れパットは女性だけのものでなく男性用のものも当然あります。

 

尿漏れパットを手作りのものを使っている人もいるようです。

 

ここでは、尿漏れパットの正しい選び方や女性用男性用尿もれパットのことや種類・手作りの尿漏れパットについて説明しています。

 

 

尿漏れパットの正しい選び方

尿漏れパットの正しい選び方をご紹介していきたいと思います。

 

尿もれパッドは、生理の経血よりもさらさらの水分を素早く吸収する工夫がされているのです。
生理よりも逆戻りしやすい水分を吸収し閉じ込めパットと肌をさらさらに保つようになっていますので、生理用品で代用するよりも尿漏れパット快適に過ごせます。

 

また、多くの尿もれ女性が気にしている「臭い」についてもほとんどの尿もれパッドには臭い対策が施されています。
ですので、理用品の時には気になったアンモニア臭の心配もいりません。

 

そんな尿漏れパットには薬局もブランドも形や厚さといったタイプも吸収量も違う 尿もれパッドがたくさんあります。

 

女性用の尿もれパッド、特に10代、20代の若い女子が使うような尿もれパッドには 以下のような種類があります。

 

女性用の尿もれパッドでは特に10〜20代の若い女子が使うような尿もれパッドには次のような種類があります。
・尿もれパッド ライナータイプ ・尿もれパッド ナプキンタイプ

 

その他にも、シートタイプやパンツタイプ、おむつタイプなどもありますが、こちらは量が多い年配人向けです。
なので、上の2種類が主に選ぶときの基準となります。

 

選ぶ基準としてライナータイプ、ナプキンタイプともに、吸収量でわかれていますので、 5ccとか10tと吸収量が書いてあります。
例えば、パンツにちょっとシミができるくらいなどのちょっとした尿もれの場合は、5t(小さじ1杯)で十分だと思います。

 

ライナータイプは、主にごく少量から少量の尿もれ女子向けです。
ナプキンタイプはもし、尿もれが進んでライナータイプでは間に合わなくなった場合にナプキンタイプを選ぶといいと思います。

尿漏れパッドの男性用・女性用の種類と違い

尿漏れパッドの男性用・女性用の種類と違いについてご紹介していきたいと思います。

 

当然ながら尿漏れパッドには男性用と女性用があります。
ご存知の通り男性と女性の体の構造の違いから、 おしっこが出てくる場所が違いますので尿漏れパッドの男性用・女性用とでは形や構造が違ってきます。

 

また、パッドをつける位置も当然異なります。
男性用パッドは下着の前面につけますが、女性用は股のところにつけます。
もちろん、つけるところが違いからその形が違っています。

 

男性用は下着の前面が吸収しやすいように扇のような形になっています。
一方の女性用は、ほぼ長方形です。

 

種類について選ぶ際にはトイレ後にキレが悪いなど、トイレの後で残尿が少し出るくらいであれば、 30ccまでの種類で大丈夫です。

 

ただ、あまり取り替えられず、数回吸収してもらう実情があるなら、その分を考えた吸収量の物を選ぶことが大事です。

 

その目安は、 10cc ほんの少し、下着が濡れる程度 20cc 下着がかなり濡れる。ズボンにもしみることがある、などの 1回量×回数で、予想してみてください。
参考までに、5cc=小さじ1杯です。

 

またパットの厚さで持ち運びやすさに付けた際の違和感や下着との愛称にズボンを履いた際の見た目など様々な要因からタイプ会お選べます。

 

例えば。

  • ・ライフリー さわやかパッド 男性用 10cc 、20ccで厚さ2.5mm〜3mm、幅? 長さ26mmです。
  • ・nepia B-lock インナーシート 30cc 、60cc厚さ2.5mm 口コミから 60ccの大きさは幅9.5cm 長さ23cmです。
  • ・花王スマートガードうす型消臭ストロング 50cc 厚さ3.5mm幅17cm長さ36cmです。

 

そんなふうに種類が違うので自身に合わせた尿漏れパッドの男性用・女性用があります。

 

尿漏れパッドは手作りでできるのでしょうか

尿漏れパッドは手作りでできるのかといった内容をご紹介していきたいと思います。

 

尿漏れでパンツや服が汚れるのを防ぐには、尿もれパッドを使うのが快適です。

 

でも、「肌が弱いからかぶれてしまう」「エコじゃないからやだ」「結構お金かかるからやだ」「恥ずかしくて買いにくい」などと市販の尿もれパッドを使いたくないという人も結構いるようです。

 

そこで尿漏れパッドは手作りでできるのかとの疑問ですが結論から言えば、尿漏れパッドは手作りでできます。
布の尿もれパッドは、裁縫が初心者の方でも作れるくらい簡単です。

 

ミシンがあれば早くより簡単でが、ミシン持ってない方でも、時間は多少かかりますが手縫いで大丈夫です。

 

手作りであれば表布を自分の好きな柄や色にすることも可能です。

 

また、手作りのパットの付けごこちは市販品とは違って、自身の肌に合わせてオーガニックコットンなど記事から選べるので化学繊維が肌に触る感じもなく、さらさらで快適です。

 

最近ではハンドメイドでの尿漏れパッドを写真付きで分かりやすく解説してくれているサイト屋動画などもあり、型紙もダウンロードできたりしますのでそういったサイトを見ながら簡単に作ることができますので好きな色やデザインの布を買いに行きオリジナルの物を作るのも良いかもしれません。

 

また、オーガニックコットンを使って作った尿漏れパッドはお肌や美容にも良いそうです。